岩谷俊輔さん、かなえさんご夫妻

【自休自足Vol.14掲載】

なぜ移住しようと思ったのですか?

主人は東京、私は島根で生まれました。東京で長く暮らしていたとき、いつからか、自然のあるところでのんびり暮らしたくなり2人で様々な場所を探し歩くようになりました。(かなえさん)

移住先はどうやって選ばれたのですか?

物件探し中に、ある人に言われた「田舎があるならそこに帰れば」という一言で、初めて実家の地に帰るという選択肢に気付き、私の実家のある島根に帰ることにしました(かなえさん)

家や土地はどうやって探されたのか教えてください。

しばらくは実家から離れた場所で探していました。理想の物件はなかなか出会えなかったのですが、ある日、祖母の生家が壊されることを知り、格安で借りることに。(かなえさん)

カフェ&ギャラリーを始めたいきさつを教えてください。

都会っ子の主人は田舎に馴染めず元気がなくなってしまったんです。それなら、この場所を自分たちにとって居心地よいところにしようと思い家の改装を始めました。完成後、友人たちと音楽イベントなどを行うようになると、ギャラリーとして借りたいという人が現れたのです。「じゃあ、お店としてオープンしようか」ということになりました。(かなえさん)

今はどんなスタイルで仕事をしていますか?

僕はシルバー彫金、妻は服や帽子を作るので、普段はそれぞれ作家活動やアルバイトをし、週末だけカフェ&ギャラリーという形で店をオープンします。1階がカフェスペースで、2階では作家さんたちの作品を展示するギャラリーにしています。(俊輔さん)

地元の方の反応はいかがですか?

昔から人の集まる家だったので、近所の人たちも喜んでくれています。おばあちゃんたちがオシャレをして来てくれるのが、すごく嬉しいですね。(かなえさん)

この土地で生活を目指す方に一言お願いします。

最初に比べ、田舎暮らしが楽しくなりました。改装を手伝ってくれた東京の友人の中には、島根に移住した人もいます。たまに東京に帰りたくなりますが、冬は営業を休むので、その間に帰ったりしようかとも思っています。(俊輔さん)

島根県の情報
島根県の物件一覧

写真:下村康典 / 取材:平沢千秋

閉じる