曵地義治さん、トシさんご夫妻

埼玉県飯能市

【自休自足Vol.10掲載】

なぜ移住しようと思ったのですか?

「孟母三遷」と言われることも多いのですが、移住は当時小学生だった娘の不登校のためでした。管理教育をする学校が多い中、飯能市には、自由な校風で知られる学校があったので、家族で移り住むことに決めました。(トシさん)

移住先はどうやって選ばれたのですか?

ここは自然豊かな土地ですが、都心にも近い、というのが魅力でした。飯能という土地は代々暮らす古くからの住民の方もいる一方、個性のある新しい住民も多いのです。(トシさん)

家や土地はどうやって探されたのか教えてください。

初めの7年は借家住まいでしたが、その家を引き払うことになり、土地を購入することを検討したのです。私たちは自営業ですから、ローンを組めるかどうか不安でした。しかし運の良いことにローンを組む審査が通ってから、その後の土地探しや、大工さんとのスケジュール調整など、すべてが流れるように進んで、10ヵ月後には家が完成したのです。(トシさん)

どのようにして生活費を得ていますか?

主に個人宅を専門に、オーガニックの植木屋をしています。(義治さん)
自身の本や依頼原稿の執筆、講演会の依頼なども増えています。今では、オーガニックガーデン講座なども予定しています。人生はだんだん楽しくなってくるものです。(トシさん)

これからの目標を教えてください。

化学物質を出さない、オーガニックな庭づくりの方法を発信しています。私はこの仕事を始めてから大嫌いだった虫が驚く事に大好きになりました。そして、とうとう本を出版してしまいました。虫は自然にとっても人間にとっても大切な存在です。農薬、殺虫剤を使って虫を殺すのではなく、共生していく方法を提案していきたいですね。(トシさん)

この土地で生活を目指す方に一言お願いします。

スローライフはビジーライフです。便利なものであふれた都会とは違い、全てが手間で常に働いていなければなりません。しかし、不便だからこそ、手づくりをして、工夫もするようになり、それが醍醐味であったりもします。せっかく田舎で暮らすのであれば、その不便さを逆に楽しめるくらいでありたいです。(トシさん)

埼玉県の情報
埼玉県の物件一覧

写真:寺澤太郎 / 取材:平沢千秋

閉じる