畑山貴宏さん、文枝さんご夫妻

山梨県北杜市

【自休自足Vol.11掲載】

なぜ移住しようと思ったのですか?

子どもの頃から田舎が好きでいつかは田舎に住みたいと思っていました。ここは東京に近く、自然が豊かで山の景色もきれい。ここでなら楽しい田舎暮らしができると思ったからです。(貴宏さん)

移住先はどうやって選ばれたのですか?

大学卒業後、山梨県内で食品関連の仕事をしていましたが、再び農業へと関心が移り地域共生型のネットワーク社会づくりを目的とした北杜市のNPO活動として農業に携わりました。翌年地元の方の紹介で土地を借り受けることができ、農家として独立したのです。(貴宏さん)

家や土地はどうやって探されたのか教えてください。

土地と同時に住居用に一軒家も紹介していただき、そこに住むことにしました。長い間、空家だったので掃除が大変でしたが、家賃は安く、家具や食器が置かれていて助かりました。(貴宏さん)

どのようにして生活費を得ていますか?

野菜7品目をセットにした野菜ボックスの通信販売や、県内や都内の飲食店や自然食品店、地元の学校給食への卸し、地元の直売所への出荷などを行っています。(貴宏さん)

仕事が軌道に乗りはじめたのはいつからですか?

始めは赤字でしたが、2年目からは黒字になりました。結婚当時、両親は農業だけで暮らしていけるのか心配しましたが、今ではときどき遊びに来てくれます。(文枝さん)
基本的に2人で仕事をしていますが、学生や社会人の農業体験を受け入れることもあります。今後は小さい農家レストランや加工場なんかも持てたらいいですね。(貴宏さん)

地元の方の反応はいかがですか?

利便性の高い土地柄もあるのか、排他的な雰囲気はなく、温かく見守ってくれる人も多いです。そのおかげでやりづらいと感じたことはありません。(貴宏さん)

この土地で生活を目指す方に一言お願いします。

自分のやりたいことを理解してくれる仲間やネットワークを増やすと、やりがいや励みになります。この仕事を続けるのは「おいしかった」の一言が嬉しいから。有機農業は手間がかかりますが、好きでやっているので人に言うほどの苦労はありません。(貴宏さん)

山梨県の情報
山梨県の物件一覧

写真:寺澤太郎 / 取材:平沢千秋

閉じる