お役立ち情報

引っ越し準備はお早めに

「荷物を新居へ運ぶ」だけが引っ越しではありません。その前の引っ越し会社選びから、荷造り、不要物の処分などなど、やらなければならないことは盛りだくさん。田舎での生活をスムーズに始めるための、引っ越しのポイントを紹介します。

引っ越し準備はいつ頃から

希望の物件が決まり移住の目処がついたら、いよいよ引っ越しです。荷物の量にもよりますが、家族での引っ越しの場合、業者に依頼するのが一般的。2カ月前から遅くとも1カ月前くらいまでには依頼する業者を決定し、余裕を持って荷造りなどの準備を行いたいものです。特に2月〜4月の引っ越しシーズンにあてはまる場合は、より早めに業者を決めましょう。業者探しが遅れると希望の日時が指定できなかったり、引っ越しの日時がずらせない場合は、料金の高い業者を選ばなければならなかったりということにもなりかねません。

引っ越し業者の選び方

引っ越し業者を選ぶときには、複数の業者に見積もりを依頼して料金やサービスを比較するのが一般的です。最近では、複数の業者に一括で見積もりが依頼できるホームページもありますので、活用してみましょう。引っ越しの料金は、基本的に荷物の量と運ぶ距離によって決まります。そこで、あらかじめどの荷物を持っていくのか、どれを処分するのかを決めておかなければ、正確な見積もりをとることができませんので注意しましょう(特に家具や家電、ゴルフバック、自転車などの大きな荷物については注意するようにしましょう)。また、特に田舎への引っ越しの場合、業者によっては引っ越し先が対象エリアに入っていないこともありますので、最初に確認するようにしましょう。インターネットでの見積もりに加えて、多くの業者では訪問による見積もりを行っています。担当者が実際に荷物の量や大きさをチェックして見積もりを提出してくれますので、より正確な見積もりが期待できるでしょう。あわせて疑問点や不安点などを担当者に質問し、解消しておくと安心です。また、その際の担当者の対応や印象も業者選びの一つの目安になるでしょう。

荷造りはけっこう大変

荷造りでまず行わなければならないのが、荷物を必要なものと不要なものに分けることです。引っ越しは、持ち物を整理する最大のチャンスと考えて、「捨てる勇気」を持つことも大切です。とはいえ、まだ使えるものを捨てるのはもったいないもの。そこで、リサイクルショップやネットオークションなどを活用するのも一つの手でしょう。また、別途料金を払って不要品を処分してくれる引っ越し業者もありますので、見積もりの際などに確認してみましょう。必要なものと不要なものとの仕分けが済んだら、荷造りを始めます。荷造りは、普段使わないものから始めていくのがセオリー。引っ越し日直前になって慌てることがないよう、早めに取りかかるようにしましょう。一方、引っ越し当日まで使うものや、引っ越した先ですぐ必要なものなどは、段ボールを分けて片付けておくとよいでしょう。また、段ボールの底が抜けることがないよう、本や雑誌などの重たいものは小さな箱に、洋服などの軽いものは大きな箱に入れていくのもポイントです。業者によっても異なりますが、段ボールは一定数無料で支給されるのが一般的。業者から支給される段ボールには、荷物を詰めた後も中味が判別できるよう、中味を明記する欄や、割れ物の場合は割れ物と書く欄が設けられていますので、もれなく記入するようにしましょう。業者支給の段ボール以外の場合でも、割れ物の場合はかならず割れ物と書いておきましょう。また中味を明記しておけば、引っ越した先での片付けもスムーズに行うことができるでしょう。