お役立ち情報

引っ越し前の手続きと当日行うこと

荷造りや不要品の整理以外にも、引っ越し前にはやらなければならないことが沢山あります。ここでは忘れてはならない引っ越し前の手続きと、引っ越し当日の注意点を紹介します。

引っ越し前の手続き

現住所のある市区町村役場では「転出届」を行います。その際に発行される「転出証明書」は、後日、引っ越し先の市区町村で転入届を行うときに必要となります。併せて役場では、印鑑登録の廃止や、乳児医療、国民健康保険、老人医療、児童手当、老齢年金などの手続きも行いましょう。また、電気やガス、水道の停止の手続きや固定電話(NTT)の移転手続きも、引っ越し1週間前くらいまでには行っておきましょう。携帯電話やクレジットカードなど定期的に請求書や領収書が送られてくるものについても、住所変更の手続きを行いましょう。併せて、郵便局に「転居届」を提出しておけば、1年間、旧住所宛の郵便物を新住所へ無料で転送してもらえます。その他、旧居が賃貸住宅の場合は、通常1カ月前までに退去届もしくは退去通知書を、大家さんもしくは不動産会社に提出しなければなりません。また、退去のときは旧居の鍵の返却も忘れないようにしましょう。そして、大家さんや近所のお世話になった方々には、引っ越しの数日前までに引っ越すことを伝え、挨拶をしっかりとしておきましょう。

引っ越し当日に行うこと

引っ越し当日、業者の人が到着したら、まず運び出す荷物はどれかを一緒に確認し、作業の流れについて打合せを行います。その際には、サービスの内容や料金、支払い時期、荷物を引っ越し先に搬入する日時などについて、契約した内容と異なる点がないか、しっかりと確認するようにしましょう。作業が終わったら、積み残した荷物はないかをチェックし、掃除を行います。そして荷物を新居に搬入するときには、どの荷物をどこの部屋へ運び込むのかを指示するようにしましょう。搬入が終わったら、不足している荷物や破損しているものはないかを確認しましょう。